安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 昭和を騒がせた漢字たち

昭和を騒がせた漢字たち 241

当用漢字の事件簿

昭和を騒がせた漢字たち

日本語をわかりやすくするために制定された「当用漢字」をめぐる、事件の数々を追う!

著者 円満字 二郎
ジャンル 国語・国文学 > 国語・日本語
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 文化史・誌
出版年月日 2007/10/01
ISBN 9784642056410
判型・ページ数 4-6・218ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

八紘一宇をめぐって―プロローグ/新しい時代とともに―1940、50年代の漢字事件―(『青い山脈』の恋/新聞題字問題/郵政省改名騒動)/変わりゆく社会の中で―1960年代の漢字事件―(新宮の命名をめぐって/記号式投票と狭山事件/誤字を理由に解雇できるか)/拡大する自由の彼方―1970年代の漢字事件―(水俣病患者たちのうらみ/たばこ「おおぞら」の物語/「よい子の像」碑文裁判)/自由と平等の相克―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

1946年、漢字の「民主化」に向けて、「当用漢字」が制定された。漢字の使用が制限されたとき、国民の生活には何が起こったのか。「福井県」が「福丼県」になっていると怒鳴り込む人、郵政省の改名をめぐる騒動、彫刻の文字掘りなおし裁判など、情報の送り手と受け手の間の摩擦が生んだ数々の事件をたどりつつ、戦後日本の世相を読み直す。

このページのトップへ

関連書籍

歴史的仮名遣い

歴史的仮名遣い

旧かなづかいを理解するための格好の手引き

著者:築島 裕
 
漢字の社会史

漢字の社会史

漢字への人々の関わりを軸に歴史を描き出す

著者:阿辻 哲次
 
 
話し言葉の日本史

話し言葉の日本史 311

万葉集、歌舞伎などから、話し言葉をたどる

著者:野村 剛史
 
「国語」という呪縛

「国語」という呪縛 290

「国語」を問い直し、言語の境界を越える

著者:川口 良
角田 史幸
 
 
日本古代の文字と表記

日本古代の文字と表記

漢字受容と伝来を探り古代日本語の実態解明

著者:沖森 卓也
 
文字表現の獲得

文字表現の獲得 5

古事記、万葉仮名。文字が伝えた日本の言葉

 
 
神仏と文字

神仏と文字 4

呪符・墓碑・経典。文字が繋いだ神仏と人間

 
流通と文字

流通と文字 3

出納帳、借金証文。文字が動かした古代経済

 
 
文字による交流

文字による交流 2

渡来人・遣唐使…。文字が支えた外交と軍事

 
出土文字資料の新展開

出土文字資料の新展開 4

文献史学と歴史資料学の視点から解き明かす

 
 
支配と文字

支配と文字 1

鉄剣、鏡、木簡。文字が広めた古代の権威

 
世界の文字の図典 普及版

世界の文字の図典 普及版

古今東西の文字を網羅。待望の普及版

 
 

このページのトップへ