安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 上野寛永寺 将軍家の葬儀

上野寛永寺 将軍家の葬儀 243

上野寛永寺 将軍家の葬儀

江戸幕府の「聖地」上野。徳川将軍の御成や葬儀から寛永寺と将軍家のしきたりを解き明かす

著者 浦井 正明
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 近世史
出版年月日 2007/11/01
ISBN 9784642056434
判型・ページ数 240ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

芸術の杜―プロローグ/上野の今昔(江戸から明治へ/一四〇年前の上野)/寛永寺の成立(東叡山寛永寺の創建/寺域と寺領)/将軍御成(東叡山御成/警備と跡固)/将軍と輪王寺宮の葬儀(家綱の死と葬儀の準備/家綱の葬儀/綱吉の葬儀/一品親王の死)/明治政府にとっての江戸―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

明治政府によって欧化政策のシンボルとされた上野は、江戸幕府の「聖地」でもあった。徳川将軍家の菩提寺・東叡山寛永寺とはどのような寺なのか。京都の比叡山延暦寺を手本とした意図とは何か。徳川家綱・綱吉ら将軍と東叡山山(さん)主(しゅ)の死や葬儀の実態、天皇家に倣った慣習、将軍の御成(おなり)と警備の仕方など、寛永寺と将軍家のしきたりを分り易く解き明かす。

このページのトップへ

関連書籍

東叡山寛永寺 徳川将軍家御裏方霊廟

東叡山寛永寺 徳川将軍家御裏方霊廟

華やかな大奥の文化を解明した公式報告書

 
史跡で読む日本の歴史 9

史跡で読む日本の歴史 9

各地で多様な文化が育まれた時代を読みとく

著者:岩淵 令治
 
 

このページのトップへ