安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本料理の歴史

日本料理の歴史 245

日本料理の歴史

和の味とは何か。多彩な日本食文化の原点を探る

著者 熊倉 功夫
ジャンル 民俗学
民俗学 > 概説・民俗一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 文化史・誌
出版年月日 2007/12/01
ISBN 9784642056458
判型・ページ数 224ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

日本料理とは―プロローグ/日本料理の誕生(平安貴族の大饗の宴/庶民の食卓は一汁三菜/精進料理とは何か)/日本料理の成立(フォーマルな本膳料理/庖丁自慢の男たち/料理の革命―懐石の誕生―)/京料理の伝統と創造(料理屋の誕生/京の名物/菓子と茶の湯/伝統と創造)/変貌する日本料理―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

日本料理とは何か、和の味とは何か。平安貴族の宴会から庶民の食卓、精進料理、本膳料理、懐石、京料理、菓子と茶の湯まで、史料に基づき日本で独自に発展した料理文化をわかりやすく解説。庖丁自慢の男たちによる見せる調理スタイルや、日本料理を大きく変えた二人の天才=北大路(きたおおじ)魯山人(ろさんじん)と湯木(ゆき)貞一(ていいち)にもふれ、日本食文化の特質と和食の原点を考える。

このページのトップへ

関連書籍

戦国武将と茶の湯

戦国武将と茶の湯

文化の牽引者として生き抜いた一側面に迫る

著者:米原 正義
 
料理の起源

料理の起源

タネから胃袋まで、食文化の深層に迫る名著

著者:中尾 佐助
 
 
家庭料理の近代

家庭料理の近代 356

今日の食卓を豊かにした食の文明開化を描く

著者:江原 絢子
 
吉兆 湯木貞一

吉兆 湯木貞一 310

吉兆の「もてなしの心」はいかに生まれたか

著者:末廣 幸代
 
 

このページのトップへ