安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 江戸の捨て子たち

江戸の捨て子たち 255

その肖像

江戸の捨て子たち

小さな命を救う、江戸時代にもあった赤ちゃんポスト構想! 〈捨てられた子 捨てた親 その素顔に迫る〉

著者 沢山 美果子
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近世史
出版年月日 2008/05/01
ISBN 9784642056557
判型・ページ数 4-6・208ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

捨て子へのまなざし―プロローグ/なぜ捨て子か(捨て子の具体像/江戸の捨て子たち)/親の手紙(捨てる親たち/命を託す/拾われることへの願い)/つけられた名前(捨て子の名づけ/二人の捨て子)/捨てる女、捨てる男(捨てるという選択/処罰事例にみる女と男/脆い家族)/捨て子から棄児へ(江戸の「赤ちゃんポスト」/近代国家と「棄児」/東京の捨て子たち)/『誰も知らない』によせて―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

江戸時代の〝捨て子〟とは、どのような存在だったのか。どこに、どのように捨てられ、そして拾われたのか。ともに添えられたモノや着衣が意味するもの、手紙に託した親の思い、捨てる男と女、捨て子を貰う人々の思惑、江戸にもあった赤ちゃんポスト構想。そこから見えてくる江戸の捨て子たちの実像と、捨て子が生み出される社会的背景を活々と描く。

このページのトップへ

関連書籍

江戸の乳と子ども

江戸の乳と子ども 441

〝乳〟をめぐる、いのちのネットワーク

著者:沢山 美果子
 
近代家族と子育て

近代家族と子育て

現在につながる「子育て」問題の起源に迫る

著者:沢山 美果子
 
 
歴史人口学で読む江戸日本

歴史人口学で読む江戸日本 324

結婚・出産・死別…。江戸も少子化社会!?

著者:浜野 潔
 
 

このページのトップへ