安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 江戸の武家名鑑

江戸の武家名鑑 257

武鑑と出版競争

江戸の武家名鑑

大名・旗本が一覧できる江戸のロングセラー「武鑑」の魅力に迫る!

著者 藤實 久美子
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近世史
出版年月日 2008/05/01
ISBN 9784642056571
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじまりはあの夏の日―プロローグ/武鑑の魅力(武鑑の基礎/武鑑コレクションの数々/武鑑へのアプローチ方法)/板元たちの自由な発想(武鑑出版の始まり/板元たちの工夫/構成、記載項目の変化)/武鑑の板元と享保取締令(京都から江戸へ/株仲間公認と享保取締令/須原屋による武鑑株の買占め)以下細目略/須原屋と出雲寺の争い/書物師出雲寺の戦略/板元たちにとっての明治―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

武鑑とは、江戸時代の大名・旗本家の当主や家族とその家臣、幕府の役人を一覧できる名鑑である。各家の紋所や大名行列の道具がわかりやすく絵入りで描かれており、大政奉還までの二百年以上もの間、実用書として市販され続けた。その魅力と歴史、売るためになされた工夫や戦略を探り、出版をめぐる板元(はんもと)須原屋と出雲寺(いずもじ)の百年にわたる攻防を追う。

このページのトップへ

関連書籍

江戸の出版統制

江戸の出版統制 456

戯作の文学的魅力と処罰の理由を探る

著者:佐藤 至子
 
日本古印刷文化史(新装版)

日本古印刷文化史(新装版)

奈良~江戸時代、850年の印刷文化を叙述

著者:木宮 泰彦
 
 
武士の奉公 本音と建前

武士の奉公 本音と建前 393

泰平の世をしたたかに生きた〝武士たち〟

著者:高野 信治
 
 

このページのトップへ