安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 持統女帝と皇位継承

持統女帝と皇位継承 266

持統女帝と皇位継承

誰に皇位を継がせるのか? 持統女帝の思惑と、陰謀うずまく古代の皇位継承の実態に迫る。

著者 倉本 一宏
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 女性史・ジェンダー・家族史
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 古代史
出版年月日 2009/03/01
ISBN 9784642056663
判型・ページ数 200ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

「陰謀」について―プロローグ/六世紀以降の大王位継承(継体・欽明王権の成立/推古の大王位継承構想とその破綻/乙巳の変と大王位継承)/壬申の乱と大王位継承(大海人と大田・?野/天智の大王位継承構想とその破綻/壬申の乱と?野王女)/天武・持統天皇の皇位継承構想(天武天皇の皇位継承構想と天皇制の成立/大津皇子・草壁皇子の死と?野皇后の即位/持統天皇の皇位継承構想)/持統太上天皇の「王朝」(持統「王朝」の成立/最後の旅/「奈良朝の政変劇」への道―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

継体・欽明朝の動乱期から、律令国家が成立するまでの二百年間、倭国の最高権力はどのように継承されていったのか? 乙巳(いっし)の変や壬申(じんしん)の乱などの政変や戦乱の分析、また詳細な系図による嫡流と庶流、蘇我系と非蘇我系といった視座による姻戚関係から、皇位継承の実態を探る。持統「王朝」成立にいたる過程を中心に、陰謀うずまく古代史の謎に挑む。

このページのトップへ

関連書籍

柿本人麻呂

柿本人麻呂 288

『万葉集』を手がかりに謎多き生涯に迫る

著者:多田 一臣
 
古代政治史における天皇制の論理〈増訂版〉

古代政治史における天皇制の論理〈増訂版〉

新たな全体像を提起する。

著者:河内 祥輔
 
 
飛鳥と古代国家

飛鳥と古代国家 2

激動する国際情勢の中で形成された古代日本

著者:篠川 賢
 
奈良時代の政争と皇位継承

奈良時代の政争と皇位継承

天皇権力と専権貴族の政治闘争の実態に迫る

著者:木本 好信
 
 

このページのトップへ