安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 敵国人抑留

敵国人抑留 267

戦時下の外国民間人

敵国人抑留

忘れられた戦争の傷跡。外国人が暮らした日本各地の抑留所の埋もれた歴史に光をあてる!

著者 小宮 まゆみ
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 近・現代史
出版年月日 2009/03/01
ISBN 9784642056670
判型・ページ数 280ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

戦時下の敵国民間人抑留―プロローグ/「敵国人」抑留開始(抑留された敵国民間人/日本に留まった外国人/一九四一年十二月八日―開戦と敵国人―)/戦争初期の抑留生活(初期の抑留者たち―抑留第一期―/占領地から連行された民間人)/第一次交換船と抑留拡大(帰国者と第一次交換船/戦局の転換と抑留の拡大―抑留第二期―)以下細目略/秘匿された抑留者たち/第二次交換船とさらなる抑留拡大/悲惨な抑留末期の状況/終戦と解放/それぞれの戦後―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

一九四一年、アジア・太平洋戦争が勃発すると、日本国内にいた外国籍の民間人は、次々と全国各地の抑留所に収容されていった。横浜・神戸の貿易商、宣教師や外資系企業の社員たちから、占領地より連行されてきた人びとまで。抑留所で彼らはどのように暮らしたのか。不足していく食料、迫りくる空襲の危機など、敵国人抑留所の埋もれた歴史に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

「自由の国」の報道統制

「自由の国」の報道統制 381

〝戦争″と〝言論・報道の自由″を考える

著者:水野 剛也
 
ポツダム宣言と軍国日本

ポツダム宣言と軍国日本 20

太平洋戦争の敗因を分析し、教訓を探る

著者:古川 隆久
 
 

このページのトップへ