安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 北政所と淀殿

北政所と淀殿 274

豊臣家を守ろうとした妻たち

北政所と淀殿

北政所は豊臣家を見捨てたのか? 淀殿は本当に悪女だったのか? “女の戦争”の真実に迫る!

著者 小和田 哲男
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近世史
出版年月日 2009/06/01
ISBN 9784642056748
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

北政所・淀殿の関係―プロローグ―/秀吉と出会うまでの二人(おね/茶々)/秀吉の天下統一と北政所の役割(信長家臣時代の秀吉とおね/北政所として秀吉を支える/女房衆の管轄と養子・養女の養育/北政所と諸大名のかかわり)以下細目略/鶴松を生む淀殿と鶴松の死/秀頼の誕生と秀次事件/秀吉の死と北政所・淀殿二人の関係/関ヶ原の戦いとその後の二人/大坂の陣での淀殿と北政所/豊臣家の存続をはかった二人―エピローグ―

このページのトップへ

内容説明

太閤秀吉の妻=北政所と淀殿の確執が、豊臣家を滅亡させたのは真実か。北政所の役割や諸大名との関わり、秀頼の母としての淀殿に注目。大坂の陣までの二人の動向から、近年見直されつつある“女の戦争”の真相に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

豊臣秀頼

豊臣秀頼 387

没後400年、徳川中心史観による虚像剥ぐ

著者:福田 千鶴
 
大坂の陣と豊臣秀頼

大坂の陣と豊臣秀頼 13

〝敗者〟秀頼はなぜ大坂にこだわったのか?

著者:曽根 勇二
 
 
文禄・慶長の役

文禄・慶長の役 16

緊迫する東アジア世界と大陸侵攻の本質迫る

著者:中野 等
 
関ヶ原合戦と大坂の陣

関ヶ原合戦と大坂の陣 17

豊臣・徳川15年抗争の真相。新見解多数

著者:笠谷 和比古
 
 
秀吉の天下統一戦争

秀吉の天下統一戦争 15

秀吉不敗の戦略に迫り、統一戦争の功罪問う

著者:小和田 哲男
 
桃山時代の女性

桃山時代の女性 30

豊臣氏の統一政治に裏方で活躍した女性たち

著者:桑田 忠親
 
 
戦の中の女たち

戦の中の女たち 1

〈戦〉のなかで彼女たちはどう生きたか

著者:西村 汎子
 
淀君

淀君

浅井三姉妹の長女、秀吉愛妾、悲劇の女傑伝

著者:桑田 忠親
 
 
豊臣秀吉と大坂城

豊臣秀吉と大坂城

豊臣大坂城を探訪し、天下人の素顔に迫る

著者:跡部 信
 
 

このページのトップへ