安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 下北・渡島と津軽海峡

下北・渡島と津軽海峡 4

下北・渡島と津軽海峡

津軽海峡で結ばれ独自の文化圏を形成していた海 峡文学の舞台=下北・渡島の地域像を再発見。

著者 浪川 健治
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 地域史・歴史散歩
シリーズ 街道の日本史
街道の日本史 > 北海道・東北
出版年月日 2001/07/01
ISBN 9784642062046
判型・ページ数 260ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

海峡文学の舞台=下北・渡島は、古来津軽海峡で結ばれ独自の文化圏を形成していた。アイヌと和人の抗争、西洋文化の窓口函館、米軍三沢基地、死者の霊の集まる恐山など、激動の歴史と個性あふれる地域像を再発見する。

このページのトップへ