安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 三陸海岸と浜街道

三陸海岸と浜街道 5

三陸海岸と浜街道

〝みちのく〟の浜街道をゆく。 気仙沼から陸前高田・大船渡・釜石・大槌・山田・宮古・田老・田野畑・久慈・種市・八戸へ。

著者 瀧本 壽史
名須川 溢男
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 地域史・歴史散歩
シリーズ 街道の日本史
街道の日本史 > 北海道・東北
出版年月日 2004/12/01
ISBN 9784642062053
判型・ページ数 298ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

海に連なる風光明媚な三陸、沿岸を南北に走る浜街道。豊かな海の恵みが個性的な風土と文化を創造した。蝦夷、前九年合戦、南部氏、三閉伊一揆、戊辰戦争、近代製鉄の多彩な歴史と、漁業、気仙大工、冷害との闘いなど人びとの暮らしを再現。牛追い唄、廻り神楽、室根山信仰に独自の民俗・芸能を探り、伝統を重んじる精神を培った民衆の姿を描き出す。

このページのトップへ