安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 仙台・松島と陸前諸街道

仙台・松島と陸前諸街道 8

仙台・松島と陸前諸街道
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

Ⅰ=陸前南部の諸街道を行く(陸前南部の地理と風土…大石直正/陸上の道、水上の道…難波信雄)/Ⅱ=陸前南部の歴史(みちのくの都…大平 聡/国府とその背後地の中世…大石直正/地域を結ぶ―近世民衆の生業と社会―…齊藤鋭雄・高倉 淳・鯨井千佐登/東北連合の夢…佐藤憲一/自力更生の実践…守屋嘉美/草の根からの近代…柳谷慶子/戦時と戦後…中川正人)/Ⅲ=地域としての陸前南部(地域文化の発見…難波信雄・小井川百合子・鯨井千佐登/陸前南部の歴史と日本史…大石直正・難波信雄)

このページのトップへ

内容説明

みちのくの都〈仙台〉、日本三景〈松島〉。阿武隈・北上の二つの大河に育まれたこの地は古来より陸奥国の政治の中心であった。国府多賀城、伊達政宗、仙台藩、運河建設、奥羽越列藩同盟、東北自由党などの多彩な歴史を追求。瑞巌寺、六斎念仏踊り、白鳥伝説、藩校養賢堂・医学館、林子平、只野真葛、相馬黒光などに豊かな文化と人物を再発見する。

このページのトップへ

関連書籍

伊達政宗と南奥の戦国時代

伊達政宗と南奥の戦国時代

政宗による統一過程を文献・考古から追究

著者:垣内 和孝
 
伊達政宗の研究(新装版)

伊達政宗の研究(新装版)

政宗の全貌に鋭く迫る大著。待望の復刊

著者:小林 清治
 
 
伊達氏と戦国争乱

伊達氏と戦国争乱 4

戦に明け暮れた東北戦国大名らの動向に迫る

著者:遠藤 ゆり子
 
北の軍隊と軍都

北の軍隊と軍都 1

北の護りの役割と実態を描き出す

著者:山本 和重
 
 

このページのトップへ