安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 会津諸街道と奥州道中

会津諸街道と奥州道中 12

会津諸街道と奥州道中

磐梯・安達太良の山々に育まれた地に、白虎隊や民権運動などの抵抗の歴史と文化を探り出す。

著者 安在 邦夫
田崎 公司
ジャンル 日本歴史 > 地域史・歴史散歩
シリーズ 街道の日本史 > 北海道・東北
出版年月日 2002/06/01
ISBN 9784642062121
判型・ページ数 4-6・304ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

Ⅰ会津諸街道と奥州道中を歩く
一南奥羽の地理と風土…安在邦夫
 白河以北の風土
 会津地方の地理と風土
 中通り地方の風土と暮らし
二会津諸街道と奥州道中…田﨑公司
 会津諸街道
 奥州道中―蝦夷・奥羽の大名の通った道―
Ⅱ南奥羽の世界
一みちのくの玄関口
 南奥羽のあけぼの―石器時代から西日本文化の受容と交流へ―…田﨑公司
 古代奥羽の関門―古代古墳の出現と白河の関・正倉と軍団の設置―…田﨑公司
 仏教文化の開花―慧日寺と勝常寺―…佐藤健郎
 武者の世への胎動―奥州藤原氏の滅亡と関東武士団の下向―…佐藤健郎
 中世の動乱へ―戦国の覇者伊達氏と蘆名氏―…佐藤健郎
二諸地域社会の形成 近世地域民衆の生業と社会
奥州仕置と近世領主の交替―中世領主の消滅と近世大名の配置―…田﨑公司
 会津幕の内―奥州の村―…海老名俊雄
 在郷町の発達―宿場と河岸―…田﨑公司
 南奥羽の先進地帯・信達―養蚕業と世直し大明神・菅野八郎―…田﨑公司
 歴史と伝統の里・会津―漆器業・酒造業・陶器業―…田﨑公司
 漆の実のなる里と米沢織…海老名俊雄
 山の民の生活―木地師・猟師―…海老名俊雄
三維新と民権…田﨑公司
 「朝敵」意識の形成―会津藩主京都守護職就任と民衆の動員
 白虎隊―東北戊辰戦争―
 燃え盛る自由民権運動―福島・喜多方事件の勃発
四南奥羽の近現代
 地域開発の光と影―郡山と会津―…赤城 弘
 軍事都市若松―日清・日露戦争と「国民」意識の醸成…赤城 弘
 地方都市と農村―大正デモクラシーと会津の米騒動…赤城 弘
 農村の疲弊と民衆の動員―昭和恐慌から戦時生活へ―…高田光子
 戦後改革と現代―戦後民主化と過疎―…高田光子
五新たな地域の創造をめざして…安在邦夫
 うつくしま未来博覧会
 社会・文化諸活動
Ⅲ地域文化の成り立ち
一南奥羽の地域的個性と交流 地域文化概論…田﨑公司
二白河以北百文の地」からの眼
 学問文化の展開―近世・近代の地域文化と学問―…田﨑公司
 「民権街道」に見る自由民権運動発祥の土壌とその発展…松本 登
 「日本の黒い霧」松川事件の経験―広津和郎の訴え―…高田光子
故郷の発見―国際人・「日本人」としての野口英世と朝河貫一―…田﨑公司
 明治女性の奮闘…高田光子
 学問に生きる―三人の帝大総長―…田﨑公司
三南奥羽の歴史と日本史…安在邦夫
 歴史文化遺産と民俗遺産
 南奥羽地域史と日本国家史

このページのトップへ

内容説明

みちのくの玄関口=白河の関から、奥州街道の中通りをへて「四面山嶽」の会津へ。名僧徳一と慧日寺、戦国の伊達氏と蘆名氏、鶴ヶ城と白虎隊、自由民権運動、磐梯山の大爆発、松川事件など、「白河以北一山百文」の地から不屈の「会津魂」の抵抗の歴史を描く。また、世界に雄飛した野口英世や朝河貫一、智恵子の「ほんとうの空」に地域文化の創造を発見する。

このページのトップへ

関連書籍

保科正之

保科正之 290

家綱を後見し家訓十五条を遺した会津藩主

著者:小池 進
 
 

このページのトップへ