安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 常陸と水戸街道

常陸と水戸街道 14

常陸と水戸街道

名峰筑波を仰ぎ、水戸街道から結城街道へ。常に 時代変革の魁となった歴史と、文化を描き出す。

著者 吉田 俊純
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 地域史・歴史散歩
シリーズ 街道の日本史
街道の日本史 > 関東
出版年月日 2001/08/01
ISBN 9784642062145
判型・ページ数 296ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

水陸の幸に恵まれた「常世の国」常陸。この国は日本の歴史が大きく変わろうとするとき、常に時代の魁となりながら、屈折して敗者の地位に甘んじてきた。将門の乱、南北朝、水戸藩、一揆、尊攘運動、諸産業の展開、民権運動など、この地方ならではの特質を追求。また危機の思想、水戸学、町人学者色川三中、光彩を放つ水戸画壇に地域文化を発見する。

このページのトップへ

関連書籍

将門伝説の歴史

将門伝説の歴史 407

叛逆者と英雄の狭間で揺れる将門伝説の世界

著者:樋口 州男
 
徳川慶喜

徳川慶喜 277

江戸幕府最後の将軍。複雑な性格と行動描く

著者:家近 良樹
 
 
寛政期水戸学の研究

寛政期水戸学の研究

尊王攘夷論の思想へ傾く起点で何が起きたか

著者:吉田 俊純
 
藤田東湖

藤田東湖 216

藩政改革と国家の独立維持に尽した水戸学者

著者:鈴木 暎一
 
 

このページのトップへ