安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 房総と江戸湾

房総と江戸湾 19

房総と江戸湾

黒潮洗う温暖な気候に育まれ、多くの物資や人々が東京湾を往来した房総。その歴史に迫る。

著者 川名 登
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 地域史・歴史散歩
シリーズ 街道の日本史
街道の日本史 > 関東
出版年月日 2003/03/01
ISBN 9784642062190
判型・ページ数 286ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

Ⅰ=房総の街道を歩く(房総・江戸湾の地理と風土…木下 良/房総往還と佐倉・成田道を歩く…木下 良・山本光正)/Ⅱ=房総・江戸湾の歴史(海と半島…菊池真太郎・滝川恒昭/諸地域社会の形成―近世地域民衆の生業と社会…中林正憲・中村 勝・筑紫敏夫・原 淳二・菅根幸裕・米谷 博/房総の近代…池田宏樹)/Ⅲ=地域史の発見(房総の文化…堀江俊次・筑紫敏夫・川名 登・池田宏樹/宗教世界と信仰…池田宏樹・菅根幸裕/民衆の世界…田邉 悟/ふるさと発見…川名 登・池田宏樹/房総地域の歴史と日本史…川名 登)

このページのトップへ

内容説明

黒潮洗う温暖な気候に育まれた房総。鎌倉・江戸に隣接し、多くの物資や人々が東京湾を往来した。名社香取、風雲児日蓮、江戸町人の成田詣や九十九里浜の地曳網漁等の歴史と、菱川師宣や佐倉宗五郎等、郷土の偉人に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

みる・よむ・あるく 東京の歴史 2

みる・よむ・あるく 東京の歴史 2

〈東京〉の礎を築いた巨大城下町江戸の全貌

 
みる・よむ・あるく 東京の歴史 1

みる・よむ・あるく 東京の歴史 1

人びとの暮らしや社会の動きを中心に描く

 
 

このページのトップへ