安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 甲斐と甲州道中

甲斐と甲州道中 23

甲斐と甲州道中

武田信玄の国中と、織物・富士信仰などの郡内。飯田蛇笏に至る俳諧の伝統に、地域文化を発見する。

著者 飯田 文弥
ジャンル 日本歴史 > 地域史・歴史散歩
シリーズ 街道の日本史 > 中部・北陸
出版年月日 2000/12/01
ISBN 9784642062237
判型・ページ数 4-6・288ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

高峻な山々に囲まれた風光明媚の国、甲斐。この国には、大きく甲府盆地を中心とする武田信玄の国中と、大菩薩嶺と御坂山地に遮られた郡内の二つの地域がある。武田の遺風を受継ぎながら農業・養蚕や多彩な特産物に生きる国中、織物と富士山信仰などに生活を託す郡内。それぞれの個性を追究し、飯田蛇笏に至る甲斐俳諧の伝統に地域文化を発見する。

このページのトップへ

関連書籍

甲信越の名城を歩く 山梨編

甲信越の名城を歩く 山梨編

県内名城61を国中五地域と郡内に分け解説

著者:山下 孝司
平山 優
 
長篠合戦と武田勝頼

長篠合戦と武田勝頼 9

揺れ動く「敗者」勝頼像を再評価する

著者:平山 優
 
 
歴史の旅 甲州街道を歩く

歴史の旅 甲州街道を歩く

日本橋から下諏訪まで。豊富な図版で道案内

著者:山口 徹
 
 

このページのトップへ