安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 加賀・越前と美濃街道

加賀・越前と美濃街道 28

加賀・越前と美濃街道

源平古戦場として知られる倶利伽羅峠、蓮如と一向一揆、前田利家、郡上一揆など多彩な歴史と伝統工芸や北陸モダニズム探る

著者 隼田 嘉彦
松浦 義則
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 地域史・歴史散歩
シリーズ 街道の日本史
街道の日本史 > 中部・北陸
出版年月日 2004/05/01
ISBN 9784642062282
判型・ページ数 316ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

Ⅰ=加賀・越前嶺北と美濃街道を歩く(加賀・越前嶺北と美濃郡上郡の地理と風土/街道を歩く)/Ⅱ=加賀・越前嶺北・北美濃の歴史(自立する地域のよりどころ―白山・一向宗―/諸地域社会の形成―近世地域民衆の生業と社会―近大における諸地域の変容)/Ⅲ=地域文化の成り立ち(真宗の来た道/加賀・越前の雑俳/金沢の出版文化/夢楽洞万司の絵馬/郡上踊りをめぐって)/Ⅳ=文化を創った人びと(新しい教育と石川・福井の文学/伝統文化と新しい娯楽/活躍する女性たち/加賀・越前・北美濃と地域交流)

このページのトップへ

内容説明

霊峰白山を望み、九頭竜川や手取川など山と水に恵まれた加賀・越前と雪深い北美濃路。源平古戦場として知られる倶利伽羅峠や、蓮如と一向一揆、加賀百万石の礎を築いた前田利家、郡上一揆、三国湊の繁栄など多彩な歴史に迫る。また、工芸や雑俳の伝統と新しい北陸モダニズムを探り、室生犀星・深田久弥・三好達治に、豊かな歴史に育まれた文化を発見する。

このページのトップへ

関連書籍

白山平泉寺

白山平泉寺

白山信仰の源、栄華をきわめたその全貌!

著者:勝山市
 
朝倉氏と戦国村一乗谷

朝倉氏と戦国村一乗谷

発掘・復元された史跡一乗谷のあるじの盛衰

著者:松原 信之
 
 
加賀藩の社会と政治

加賀藩の社会と政治

加賀百万石の領国社会と支配の実態を探究

著者:髙澤 裕一
 
 

このページのトップへ