安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 名古屋・岐阜と中山道

名古屋・岐阜と中山道 29

名古屋・岐阜と中山道

名古屋・岐阜、木曽三川と輪中の美濃平野。壬申の乱と不破の関、信長と関ヶ原の戦いなど、独特の歴史を辿る。

著者 松田 之利
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 地域史・歴史散歩
シリーズ 街道の日本史
街道の日本史 > 中部・北陸
出版年月日 2004/04/01
ISBN 9784642062299
判型・ページ数 304ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

Ⅰ=中山道と岐阜街道を歩く(濃尾の地理と風土…松田之利/中山道と岐阜街道を歩く…松田之利・筧 真理子)/Ⅱ=濃尾の歴史(美濃と尾張…早川万年・松田之利/地域社会の形成―近世民衆の生業と社会―…桐原千文・林 淳一・筧 真理子・遠山佳治)/Ⅲ=濃尾の近代(維新期の濃尾…松田之利/自由民権運動…黒田隆志/小作争議と米騒動…黒田隆志/産業の展開…林 淳一・遠山佳治・松田之利)/Ⅳ=濃尾文化の個性(濃尾の特徴と交流…筧 真理子/町と村の文化人…桐原千文・筧 真理子/尾張藩と濃尾…遠山佳治・桐原千文/宗教と民衆運動…

このページのトップへ

内容説明

日本列島の中心に位置する名古屋・岐阜、木曽三川と輪中の美濃平野。この地は中山道と東海道が横断し、東西の接点として政権の行方を決定する戦いが繰り広げられてきた。壬申の乱と不破の関、織田信長と関ヶ原の戦い、板垣退助襲撃事件など、独特の歴史を辿る。また、御嶽信仰、美濃焼、鵜飼と鮎ずし鮨、パチンコの発祥に個性溢れる文化を再発見する。

このページのトップへ

関連書籍

歴史のなかの『夜明け前』

歴史のなかの『夜明け前』

幕末に躍動した国学者や、歴史的背景を描く

著者:宮地 正人
 
 

このページのトップへ