安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 京都と京街道

京都と京街道 32

京都・丹波・丹後

京都と京街道

千年の都=京都、地方から都へつづく京街道。洛中洛外の暮らしや祭りなど、古都の歴史と文化を探る。

著者 水本 邦彦
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 地域史・歴史散歩
シリーズ 街道の日本史
街道の日本史 > 近畿
出版年月日 2002/10/01
ISBN 9784642062329
判型・ページ数 304ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

Ⅰ=京街道を歩く…水本邦彦(京街道論/京の七口と京街道)/Ⅱ=京都の歴史(平安京以前…菱田哲郎/平安京への道…櫛木謙周/中世都市京都の形成―新たな〈首都〉創出への道―…上島 享/「洛中」と「洛外」の狭間で―中世後期の京都―…上田純一/徳川の京都…水本邦彦/近代京都の「道」…井口和起)/Ⅲ=京街道を辿った人びと(秦氏の寺とそのネットワーク…菱田哲郎/橘諸兄と井手…櫛木謙周/高句麗・渤海使の道…櫛木謙周/丹波国府と吉富荘…上島 享/中世禅僧の天橋紀行…上田純一/宣教師の見た京都…上田純一/山伏修行と丹後・丹波

このページのトップへ

内容説明

千年の都=京都、地方から都へ続くすべての道=京街道。古代から現代まで、都市の生活や往来する人々が育んだ「首都」ならではの個性と伝統文化を解き明かす。古墳と古代寺院、渡来人と平安京の造営、中世都市への展開、洛中洛外の暮らしと祭り、京都府の誕生など古都の歴史を探り、外国人の見た京都、禅僧・山伏たち旅人の足跡を京街道にたどる。

このページのトップへ

関連書籍

古都・商都の軍隊

古都・商都の軍隊 4

近畿を護る〝農村〟と〝都会〟の軍隊に迫る

著者:原田 敬一
 
歴史の旅 戦国時代の京都を歩く

歴史の旅 戦国時代の京都を歩く

戦国時代の旅人となって、洛中洛外を歩く

著者:河内 将芳
 
 
坂本龍馬と京都

坂本龍馬と京都

維新研究の第一人者が熱い思いで描く龍馬伝

著者:佐々木 克
 
京都古社寺辞典

京都古社寺辞典

240の寺社を厳選。歴史探訪の旅に必携!

 
 
描かれた戦国の京都

描かれた戦国の京都

誰が、何のために描かせたのか。絵師は誰か

著者:小島 道裕
 
 

このページのトップへ