安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 南紀と熊野古道

南紀と熊野古道 36

南紀と熊野古道

聖地=熊野三山。「蟻の熊野詣」と称されるほど人々が行き交った熊野古道と進取の気性を紹介。

著者 小山 靖憲
笠原 正夫
ジャンル 日本歴史 > 地域史・歴史散歩
シリーズ 街道の日本史 > 近畿
出版年月日 2003/10/01
ISBN 9784642062367
判型・ページ数 4-6・268ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

Ⅰ=熊野古道を歩く…小山靖憲(熊野の地理と風土/熊野古道を歩く)/Ⅱ=熊野の歴史(熊野のあけぼの…小賀直樹・竹中康彦/中世熊野の隆盛…小山靖憲・高橋 修・播磨良紀/近世熊野の生業と社会…笠原正夫/近代熊野の先進性…笠原正夫・辻本雄一・重松正史)/Ⅲ=熊野の文化(熊野の伝承と祭り…竹中康彦・山本殖生/近世熊野のイメージ…山本殖生・杉中浩一郎・笠原正夫/半島文化の交流…辻本雄一・中瀬喜陽・重松正史/南紀 地域の歴史と日本史…小山靖憲)

このページのトップへ

内容説明

神仏のいます聖地=熊野三山。「蟻の熊野詣」と称されるほど様々な人々が、神仏の救いを求めて熊野古道を行き交った。紀伊路や伊勢路・大峯道を辿り、林業・漁業などを追求。南方熊楠らを生んだ進取の気性を紹介する。

このページのトップへ

関連書籍

歴史の旅 熊野古道を歩く

歴史の旅 熊野古道を歩く

歴史と文化を詳述。豊富な写真で聖地に誘う

著者:高木 徳郎
 
中世の神仏と古道

中世の神仏と古道

歩いて学ぶ歴史学。古道にさぐる中世の姿

著者:戸田 芳実
 
 

このページのトップへ