安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 軍国の女たち

軍国の女たち 2

軍国の女たち

〈総力戦体制〉のもと、彼女たちはどのように日常を生きたのか。

著者 早川 紀代
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 女性史・ジェンダー・家族史
シリーズ 戦争・暴力と女性 
出版年月日 2004/12/01
ISBN 9784642062725
判型・ページ数 246ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

髪型に至るまで統制された〈総力戦体制〉のもとで、女性はどのように生きたのか。日清・日露戦争から太平洋戦争まで、戦争への疑問や苦悩を文学に記した女性、命を国に捧げよと息子に諭す母、激戦地で働いた従軍看護婦などの姿を描き出す。被害者と加害者の両側面をあわせ持つ女性たちの姿を通して、戦時体制と日常生活の関係を明らかにする。

このページのトップへ

関連書籍

看護婦の歴史

看護婦の歴史

今日の看護の労働実態の根源に迫る。

著者:山下 麻衣
 
ポツダム宣言と軍国日本

ポツダム宣言と軍国日本 20

太平洋戦争の敗因を分析し、教訓を探る

著者:古川 隆久
 
 
近代日本社会と公娼制度

近代日本社会と公娼制度

日本の公娼制度政策を国際的視点から解明

著者:小野沢 あかね
 
平塚らいてう

平塚らいてう

思想と行動をその時代と個性の葛藤から描く

著者:米田 佐代子
 
 

このページのトップへ