安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 人と動物の日本史 1

人と動物の日本史 1

動物の考古学

人と動物の日本史 1

食べられたのか? 捨てられたのか? 葬られたのか? 考古遺物は語る、日本人と動物の生活史。

著者 西本 豊弘
ジャンル 日本歴史
シリーズ 日本史 > 人と動物の日本史
出版年月日 2008/12/01
ISBN 9784642062756
判型・ページ数 280ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

動物と日本人―出土遺物から―…西本豊弘/Ⅰ=動物観(縄文人の動物観…設楽博己〈動物儀礼の痕跡/動物の飼育・狩猟と儀礼/造形品からみた縄文人の動物観〉/弥生・古墳時代人の動物観…辰巳和弘〈稲作と動物/海へのまなざし―サメ・イルカ―/他界観と動物〉/動物観の変遷…西本豊弘〈縄文時代の動物観/弥生時代の動物観/古墳時代と古代の動物観/中世の動物観/近世の動物観/日本人固有の動物観とその底流〉)以下細目略/Ⅱ=狩猟と漁撈(狩猟活動の変遷…佐藤孝雄/漁撈活動の変遷…樋泉岳二/肉食の変遷…鵜澤和宏)/Ⅲ=家畜と日本人

このページのトップへ

内容説明

縄文・弥生から近世までの日本人の動物観の移り変わりを、土製品や石製品、動物骨や動物絵画など、多彩な考古資料で描く。狩猟・漁撈・肉食の変遷や、イヌ・ウマ・ブタ・鳥など、家畜と日本人との深い関わりにも迫る。

このページのトップへ

関連書籍

犬の日本史

犬の日本史

犬がますます好きになる、一万年の犬物語

著者:谷口 研語
 
事典 人と動物の考古学

事典 人と動物の考古学

骨が語る、日本人と動物の知られざる歴史

 
 
日本人の宗教と動物観

日本人の宗教と動物観

日本人がタブー視した「殺生肉食」に注目

著者:中村 生雄
 
人と動物の日本史 4

人と動物の日本史 4

恐れ、殺し、敬う…。動物をめぐる人々の心

 
 
人と動物の日本史 2

人と動物の日本史 2

暮らしに不可欠だった動物との関わり

著者:中澤 克昭
 
人と動物の日本史 3

人と動物の日本史 3

発展・変貌する人と動物の関係性を探る

著者:菅 豊
 
 
動物と人間の文化誌

動物と人間の文化誌

日本の動物観を相対化し動物との共存を志向

 
 

このページのトップへ