安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 人と動物の日本史 3

人と動物の日本史 3

動物と現代社会

人と動物の日本史 3

忠犬ハチ公はなぜ有名になったのか?ハチの子を食べる集会がある?日本人と動物の「いま」がわかる!

著者 菅 豊
ジャンル 日本歴史
シリーズ 日本史 > 人と動物の日本史
出版年月日 2009/03/01
ISBN 9784642062770
判型・ページ数 272ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

動物と現代社会…菅 豊/Ⅰ=動物と国家(軍馬と競馬…杉本 竜 /英雄となった犬たち 軍用犬慰霊と動物供養の変容…エルメル・フェルトカンプ/錦鯉文化の創造―国風化と全球化―…菅 豊/コラム=隠喩としての動物 悪意を喚起する言葉…菅 豊)/Ⅱ=人間社会のなかの動物たち(屠場の社会/社会の屠場…桜井 厚/寄せ場の動物誌…児玉夏子/いい肉とはなにか 短角牛をめぐる生産者と消費者の葛藤…佐川 徹/コラム=都市と動物「共生」に潜む欺瞞…菅 豊)/Ⅲ=変わりゆく動物とのつきあい(マタギとツキノワグマの現在 『ブナ林と狩

このページのトップへ

内容説明

競馬文化導入の背後にあった国家戦略、「自然」な食肉をめぐる生産者と消費者の葛藤、食虫文化が形成する新たな共同体…。近代から現代へ発展・変貌を続ける人と動物のさまざまな関係性を描き、その未来像を模索する。

このページのトップへ

関連書籍

鯨を生きる

鯨を生きる 445

“鯨人”が語りかける捕鯨と鯨食の同時代史

著者:赤嶺 淳
 
殺生と往生のあいだ

殺生と往生のあいだ 414

中世の文化や宗教の特質を「殺生」から考察

著者:苅米 一志
 
 
犬の日本史

犬の日本史

犬がますます好きになる、一万年の犬物語

著者:谷口 研語
 
事典 人と動物の考古学

事典 人と動物の考古学

骨が語る、日本人と動物の知られざる歴史

 
 
日本人の宗教と動物観

日本人の宗教と動物観

日本人がタブー視した「殺生肉食」に注目

著者:中村 生雄
 
人と動物の日本史 4

人と動物の日本史 4

恐れ、殺し、敬う…。動物をめぐる人々の心

 
 
人と動物の日本史 2

人と動物の日本史 2

暮らしに不可欠だった動物との関わり

著者:中澤 克昭
 
人と動物の日本史 1

人と動物の日本史 1

多彩な考古学遺物は語る

著者:西本 豊弘
 
 
動物と人間の文化誌

動物と人間の文化誌

日本の動物観を相対化し動物との共存を志向

 
 

このページのトップへ