安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 西郷隆盛と士族

西郷隆盛と士族 4

西郷隆盛と士族

「英雄」から「反逆者」へ 人間西郷の魅力と悲劇の生涯!

著者 落合 弘樹
ジャンル 日本歴史 > 伝記
シリーズ 日本史 > 幕末維新の個性
出版年月日 2005/10/01
ISBN 9784642062848
判型・ページ数 4-6・246ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

一=幕末政治への登場(薩摩藩と西郷家/斉彬の寵臣)/二=流刑の日々(龍郷謫居/久光の東上と西郷の流刑)/三=倒幕へ(西郷の復帰と薩長盟約/王政復古と江戸開城)/四=「英雄」から「反逆者」へ(凱旋と藩政参与/廃藩置県と留守政府/私学校と西南戦争)

このページのトップへ

内容説明

明治国家最大の功労者であり、かつ最強の「反逆者」であった西郷隆盛。将軍継嗣問題、薩長盟約、王政復古、江戸無血開城、廃藩置県など、近代化の基礎を築きながら、なぜ士族と共に武士の時代の終焉を告げる西南戦争を起こし、悲劇の最期を遂げたのか。多くの日本人を引き付けた人間西郷の魅力にも迫り、波瀾の生涯と激動の時代を鮮やかに描く。

このページのトップへ

関連書籍

西南戦争の考古学的研究

西南戦争の考古学的研究

両軍の兵力・装備など初めて考古学的に探究

著者:高橋 信武
 
大久保利通と東アジア

大久保利通と東アジア 419

“大久保政権”がめざしたものとは?

著者:勝田 政治
 
 
西郷隆盛と薩摩

西郷隆盛と薩摩

「薩摩の縮図」を生きた「西郷どん」の実像

著者:松尾 千歳
 
勝海舟と江戸東京

勝海舟と江戸東京

江戸を戦火から救った男の足跡を訪ねる

著者:樋口 雄彦
 
 
明治維新と国家形成

明治維新と国家形成

明治維新の様相を新視角に立ち究明

著者:青山 忠正
 
西南戦争と西郷隆盛

西南戦争と西郷隆盛 18

西南戦争は近代日本に何をもたらしたのか?

著者:落合 弘樹
 
 
小松帯刀

小松帯刀 269

幕末の薩摩藩家老の奮闘の生涯を描き出す

著者:高村 直助
 
明治維新の再発見

明治維新の再発見

アジアの視点を踏まえ論じた「毛利維新学」

著者:毛利 敏彦
 
 
戊辰戦争

戊辰戦争 18

戦の常識を変えた軍事革命を解き明かす

著者:保谷 徹
 
西郷隆盛

西郷隆盛

維新三傑の一。薩南に散華する波瀾の生涯

著者:田中 惣五郎
 
 
勝海舟

勝海舟

幕末、改革勢力の全国的連合に尽力した生涯

著者:石井 孝
 
 

このページのトップへ