安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 赤穂四十六士論

赤穂四十六士論

幕藩制の精神構造

赤穂四十六士論

赤穂四十六士は義士であるか否か。幕藩制の主従関係を読み解く好読み物。

著者 田原 嗣郎
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化セレクション
出版年月日 2006/11/01
ISBN 9784642063036
判型・ページ数 4-6・250ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章=「赤穂四十六士論」の課題
第一章=四十六士の意識と思想
(四十六士の二つの立場/大石内蔵助の場合/いわゆる急進派の場合)
第二章=幕藩制を組立てる二つの原理と思想―赤穂事件の精神的舞台装置―
(赤穂事件をめぐるさまざまな意見/幕藩制を支える思想について)
第三章=四十六士論をめぐる論争
(論争の経過/佐藤直方の四十六士批判をめぐって/太宰春台の四十六士批判をめぐって)
終章=徳川武士の生きるべき精神的空間―幕藩制の精神構造―
(「刃傷事件」についての二つの見方/「刃傷事件」に対する浅野家臣の立場/四十六士が吉良を討ったことの意味/徳川武士の二つの世界/幕藩制における政治と武士道)

このページのトップへ

内容説明

赤穂事件から幕末まで140年も続いた「赤穂四十六士は義士であるか否か」の賛否論争を素材とし、幕藩制の中核をなす主従関係の精神構造を解明する。幕藩制の研究に新たな光を投じ、赤穂事件を思想的に追究した好読み物。(解説=田原嗣郎)

このページのトップへ

関連書籍

赤穂浪士と吉良邸討入り

赤穂浪士と吉良邸討入り

討入りの舞台を巡り、事件を再考する!

著者:谷口 眞子
 
赤穂事件と四十六士

赤穂事件と四十六士 15

事件の真相から、勝者と敗者について考える

著者:山本 博文
 
 
綱吉と吉宗

綱吉と吉宗 3

老中を信用できなかった養子将軍たちの政治

著者:深井 雅海
 
仮名手本忠臣蔵を読む

仮名手本忠臣蔵を読む

日本人の心を惹きつける赤穂浪士の魅力!

著者:服部 幸雄
 
 
赤穂浪士の実像

赤穂浪士の実像 214

いま明らかにされる赤穂事件、衝撃の真実

著者:谷口 眞子
 
 

このページのトップへ