安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 東アジアの動乱と倭国

東アジアの動乱と倭国 1

東アジアの動乱と倭国

倭国が経験した、はじめての対外戦争とは。百済の対高句麗戦争から、白村江の戦への過程までを検証。

著者 森 公章
ジャンル 日本歴史
シリーズ 戦争の日本史 
出版年月日 2006/12/01
ISBN 9784642063111
判型・ページ数 284ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

倭国の登場―プロローグ(倭国の存立と東アジア/東アジアの動乱の時代)/Ⅰ=百済の対高句麗戦争と倭国(倭・百済関係の形成/倭の五王の外交と内政/百済の滅亡と復興)/Ⅱ=加耶諸国をめぐる紛争(「任那四県割譲」と己●・帯沙をめぐる問題/南加羅・●己呑と近江毛野の出兵/「任那復興会議」と倭国)/Ⅲ=白村江への道程(倭国の「任那復興」策と百済の動向/朝鮮三国の接近と倭国の方策/東アジア情勢の変動と倭国の選択)/白村江の敗戦―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

二世紀はじめに成立した倭国は、東アジア諸国との結びつきにより発展すると同時に、諸国の戦いにも否応なく巻き込まれた。女王卑弥呼を生んだ倭国大乱、百済(くだら)の対高句(こうく)麗(り)戦争、加耶(かや)諸国をめぐる紛争、隋(ずい)・唐(とう)帝国の出現と白(はく)村江(そんこう)の戦への過程を検証。激動の東アジア情勢のなかで倭国はどのような戦争を経験し、いかに外交を展開してきたのかを描き出す。

このページのトップへ

関連書籍

倭国のなりたち

倭国のなりたち 1

〝はじまり〟を描く、あたらしい古代史

著者:木下 正史
 
邪馬台国と倭国

邪馬台国と倭国

東洋史の碩学が形成の謎に挑んだ名著!

著者:西嶋 定生
 
 
邪馬台国の滅亡

邪馬台国の滅亡 294

『記紀』から解き明かす新しい邪馬台国史!

著者:若井 敏明
 
白村江の真実 新羅王・金春秋の策略

白村江の真実 新羅王・金春秋の策略 291

大敗の影にあった金春秋の遠大な外交戦略

著者:中村 修也
 
 
倭国を掘る

倭国を掘る

国際色豊かな倭国の実像を再現。

著者:小田 富士雄
 
 

このページのトップへ