安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 信長の天下布武への道

信長の天下布武への道 13

信長の天下布武への道

天才的ひらめき、果敢な行動力、冷静沈着な外交。天下統一戦略のすべてが、いま明らかになる!

著者 谷口 克広
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 戦争の日本史 
出版年月日 2006/12/01
ISBN 9784642063234
判型・ページ数 4-6・308ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

信長と統一戦争―プロローグ(信長の出自と経歴/信長と戦争/信長の軍団)/Ⅰ=尾張統一から上洛まで(尾張一国時代の戦略と戦歴/美濃斎藤氏との戦い/上洛と畿内平定)/Ⅱ=元亀年間の苦闘と四方への発展(朝倉・浅井氏との戦い/信長包囲網との対決/将軍追放と近国の平定/石山合戦および一向一揆との戦い/武田氏との戦い/部将たちの平定戦)/Ⅲ=「天下人」の戦い(天下人の城/石山合戦の展開と終結/山陽・山陰での戦績/北陸での戦績/伊賀の平定と武田氏討伐戦)/Ⅳ=天下統一の挫折(天正十年五月の信長/天正十年五月の宿将たちの動き/本能寺の変)/未完に終わった天下統一―エピローグ(本能寺の変なかりせば/信長の性格と戦略・戦術)

このページのトップへ

内容説明

桶狭間の戦いで今川義元に勝利し日本史の表舞台に登場した信長。姉川の戦い、長篠の戦いと怒濤の進撃を続け、天下布武の道を歩む。天才的なひらめきと果敢な行動力で、一気に攻め滅ぼす戦いを得意としたというその戦略とはいかなるものか。信長を支えた家臣団や、世論を気遣う冷静沈着な外交など知られざる側面にも光をあて、実像を鮮やかに描き出す。

このページのトップへ

関連書籍

織田信長と戦国の村

織田信長と戦国の村 457

信長が配下の武将に命じた村「支配」の内実

著者:深谷 幸治
 
信長軍の合戦史

信長軍の合戦史

一次史料から見えてくる天下統一戦争の実像

 
 
織田信長権力論

織田信長権力論

史料を丹念に読み解き、新たな信長像を解明

著者:金子 拓
 
検証 長篠合戦

検証 長篠合戦 382

今一度、史料と向き合い徹底的に検証する

著者:平山 優
 
 
長篠合戦と武田勝頼

長篠合戦と武田勝頼 9

揺れ動く「敗者」勝頼像を再評価する

著者:平山 優
 
中世日本の勝者と敗者

中世日本の勝者と敗者 11

中世社会を読み解き、勝敗の意味を考える

著者:鍛代 敏雄
 
 
織田信長

織田信長 272

英雄視する後世の評価を再考した等身大の姿

著者:池上 裕子
 
天下人の時代

天下人の時代 1

“近世”のはじまりに迫った最新通史

著者:藤井 讓治
 
 
織田信長家臣人名辞典 第2版

織田信長家臣人名辞典 第2版

全面改訂・追加し、家臣約1458人を網羅

著者:谷口 克広
 
検証 本能寺の変

検証 本能寺の変 232

決着、本能寺論争。信長を殺したのは誰か?

著者:谷口 克広
 
 
よみがえる安土城

よみがえる安土城 167

隠された謎を解き、新しい信長像に迫る

著者:木戸 雅寿
 
戦国武将合戦事典

戦国武将合戦事典

乱世を生きた武将たちと合戦の全貌に迫る

 
 

このページのトップへ