安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 秀吉の天下統一戦争

秀吉の天下統一戦争 15

秀吉の天下統一戦争

秀吉不敗の戦略・戦術に迫り、統一戦争が残した功罪を問う!

著者 小和田 哲男
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 戦争の日本史 
出版年月日 2006/10/01
ISBN 9784642063258
判型・ページ数 4-6・300ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

秀吉と統一戦争―プロローグ(出自と経歴―秀吉伝説と史実―〈物語から歴史へ/経歴の虚実〉/秀吉の戦争〈経済力で勝つ/機動力と兵站の確保〉/秀吉の軍隊〈統率と命令の徹底/敵を圧倒した秀吉軍の軍装〉)/Ⅰ=信長後継者への道(信長家臣時代の戦略と戦歴〈調略を得意とした秀吉/浅井攻めの責任者として/「中国方面軍司令官」となる/三木の干殺し/鳥取の渇え殺し/備中高松城の水攻め〉以下細目略/「中国大返し」と山崎の戦い/賤ヶ岳の戦い)/Ⅱ=大坂築城と小牧・長久手の戦い(大坂城を築く/小牧・長久手の戦い)/Ⅲ=関白就任と天下統一(紀州攻めから四国攻めへ/九州停戦令と九州攻め/小田原攻めと奥羽仕置)/統一の果てに―エピローグ(統一戦争の遺したもの/見果てぬ野望)

このページのトップへ

内容説明

本能寺の変で斃れた織田信長の後継者として、天下統一をめざした豊臣秀吉。調略・講和などの外交を得意とする一方、抜群の経済力・機動力を活かし、専業武士からなる金銀錦に彩られた大軍勢を率いて相手を圧倒した。賤ヶ岳や小牧・長久手の戦い、小田原攻めなどの戦略を詳述しながら、秀吉不敗の全貌に迫り、天下統一戦争が残した功罪を問う。

このページのトップへ

関連書籍

豊臣秀吉文書集 3

豊臣秀吉文書集 3

九州を平定し刀狩などを行うまでの817点

著者:名古屋市博物館
 
石田三成伝

石田三成伝

一次史料から明らかとなった人間三成の実像

著者:中野 等
 
 
豊臣水軍興亡史

豊臣水軍興亡史

「海上軍事力」から豊臣政権の真実に迫る!

著者:山内 譲
 
豊臣政権の権力構造

豊臣政権の権力構造

五大老・五奉行の検討から権力構造を解明

著者:堀越 祐一
 
 
豊臣秀吉文書集 2

豊臣秀吉文書集 2

関白となり家康攻めに動くまでの884点

著者:名古屋市博物館
 
豊臣秀次

豊臣秀次 280

叔父秀吉に翻弄された悲運の生涯を描く

著者:藤田 恒春
 
 
豊臣秀吉文書集 1

豊臣秀吉文書集 1

約7000通を集大成した文書集第1巻

著者:名古屋市博物館
 
豊臣秀吉と大坂城

豊臣秀吉と大坂城

豊臣大坂城を探訪し、天下人の素顔に迫る

著者:跡部 信
 
 
中世日本の勝者と敗者

中世日本の勝者と敗者 11

中世社会を読み解き、勝敗の意味を考える

著者:鍛代 敏雄
 
秀吉の手紙を読む

秀吉の手紙を読む

24通の書状から読み解く天下人秀吉の実像

著者:染谷 光廣
 
 
小田原合戦と北条氏

小田原合戦と北条氏 10

秀吉政権に徹底抗戦した北条氏の興亡を描く

著者:黒田 基樹
 
東国の戦国争乱と織豊権力

東国の戦国争乱と織豊権力 7

東国にとっての「天下統一」を問う

著者:池 享
 
 
織豊政権と東国社会

織豊政権と東国社会

惣無事令論を再検討。境目地域論なども言及

著者:竹井 英文
 
天下人の時代

天下人の時代 1

“近世”のはじまりに迫った最新通史

著者:藤井 讓治
 
 
北政所と淀殿

北政所と淀殿 274

秀吉の妻二人の確執が豊臣家滅亡に導いたか

著者:小和田 哲男
 
戦国武将合戦事典

戦国武将合戦事典

乱世を生きた武将たちと合戦の全貌に迫る

 
 

このページのトップへ