安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 田村麻呂と阿弖流為

田村麻呂と阿弖流為

古代国家と東北

田村麻呂と阿弖流為

誉れ高き「征夷」の名将・坂上田村麻呂と悲劇と伝説につつまれた「蝦夷」の領袖・阿弖流為。二人の英雄の征服と抵抗の歴史。

著者 新野 直吉
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化セレクション
出版年月日 2007/10/01
ISBN 9784642063401
判型・ページ数 4-6・244ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はしがき
一 知られたる将軍、知られざる領袖
 1 坂上田村麻呂とその父祖[東北との関係を伝える田村氏系図]
 2 陸奥の阿弖流為
二 田村麻呂までの鎮守と征夷
 1 律令制の展開と東北
 2 開拓と侵害と
三 阿弖流為までの順服と抵抗
 1 良民への憧憬
 2 順化の矛盾と第二次抵抗
四 延暦の邂逅
 1 征夷進まず
 2 将軍と領袖
おわりに
『田村麻呂と阿弖流為』の周辺を語る

このページのトップへ

内容説明

古代東北史に大きな足跡を残す二つの巨星。誉れ高き「征夷」の名将・坂上田村麻呂。悲劇と伝説につつまれた「蝦夷」の領袖・阿弖流為。征服と抵抗の歴史をたどり、謎多い二人の英雄とその時代に新たな光をあてる。(解説=新野直吉)

このページのトップへ

関連書籍

三十八年戦争と蝦夷政策の転換

三十八年戦争と蝦夷政策の転換 4

「敗れし者」ではない蝦夷の姿と東北を描く

著者:鈴木 拓也
 
平安京の時代

平安京の時代 4

古代日本が成熟・変質した九世紀を描き出す

著者:佐々木 恵介
 
 
坂上田村麻呂

坂上田村麻呂

蝦夷征討を中心に武勇、全生涯を描く

著者:高橋 崇
 
古代を考える 多賀城と古代東北

古代を考える 多賀城と古代東北

政治・軍事の拠点=多賀城の実態に迫る

 
 
蝦夷と東北戦争

蝦夷と東北戦争 3

征夷とは? 蝦夷支配の真実に迫る

著者:鈴木 拓也
 
古代東北史の人々

古代東北史の人々

北辺の地に生き、歴史を創り出した人間群像

著者:新野 直吉
 
 
古代東北の兵乱

古代東北の兵乱 41

東北の兵乱戦役を史料に基づき究明

著者:新野 直吉
 
古代蝦夷

古代蝦夷

実像に迫り、北日本古代史を解明した名著

著者:工藤 雅樹
 
 
古代蝦夷を考える

古代蝦夷を考える

なぜエミシ・エゾでなくエビスと呼ぶのか?

著者:高橋 富雄
 
蝦夷

蝦夷 2

蝦夷とは何か? 問題点を検証する

著者:高橋 富雄
 
 
古代蝦夷からアイヌへ

古代蝦夷からアイヌへ

文化的変容を考古学と文献史学から考察

 
古代東北の蝦夷と北海道

古代東北の蝦夷と北海道

広い視野から蝦夷の実像を多角的に解明する

著者:関口 明
 
 

このページのトップへ