安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 信長と石山合戦

信長と石山合戦

中世の信仰と一揆

信長と石山合戦

中世民衆はなぜ結集したのか。11年におよぶ信長との戦いに本願寺教団の本質を問う!

著者 神田 千里
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化セレクション
出版年月日 2008/05/01
ISBN 9784642063470
判型・ページ数 264ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

一向一揆は解体したか/一揆蜂起の背景(一揆ことごとく起こる/一向一揆の履歴/一向宗の教団)/門徒の蜂起(浅井・朝倉の滅亡/長島の虐殺/越前の殲滅)/大坂篭城(篭城戦の開始/三木城・在岡城の盛衰/勅命講和/王法と仏法)/あとがき/石山合戦年表/参考文献/『信長と石山合戦』を語る

このページのトップへ

内容説明

一向一揆の最大の戦いとなった石山合戦。信長に惨憺たる敗北を喫した本願寺教団が、この合戦によりさらに発展する理由は何か。中世民衆の心をとらえた一向宗の謎と今まで解明されなかった石山合戦の本質に迫る。(解説=神田千里)

このページのトップへ

関連書籍

信長軍の合戦史

信長軍の合戦史

一次史料から見えてくる天下統一戦争の実像

 
織田信長権力論

織田信長権力論

史料を丹念に読み解き、新たな信長像を解明

著者:金子 拓
 
 
織田信長

織田信長 272

英雄視する後世の評価を再考した等身大の姿

著者:池上 裕子
 
戦国期の真宗と一向一揆

戦国期の真宗と一向一揆

本願寺と公家社会、紀州「惣国一揆」を読む

著者:新行 紀一
 
 
よみがえる安土城

よみがえる安土城 167

隠された謎を解き、新しい信長像に迫る

著者:木戸 雅寿
 
一向一揆論

一向一揆論

仏教史・真宗史の視点から捉え直す

著者:金龍 静
 
 
一向一揆と戦国社会

一向一揆と戦国社会

総体的に解明し、新たな位置づけを与える

著者:神田 千里
 
 

このページのトップへ