安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 戦国大名と一揆

戦国大名と一揆 6

戦国大名と一揆

自立する地域社会と新たな秩序。戦国大名はいかに生まれたのか。

著者 池 享
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本中世の歴史 
出版年月日 2009/07/15
ISBN 9784642064064
判型・ページ数 4-6・284ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章=戦国とは何か/応仁の乱の衝撃(室町幕府支配の翳り/応仁の乱始まる/武家・公家の離京/国一揆の出現)/自立する地域社会(郷村の発展/郷村の対立と連合/領主の一揆/惣国の一揆)/畿内の政争(明応の政変/細川家の分裂/三好政権の役割)/新秩序への模索(北条氏の関東進出/守護代の「下克上」/頻発する家督争い/「公儀」権力の成立)/広がる地域社会(生産・流通の発展/東アジア地域の変動/都市の賑わい)/大名領国の成り立ち(「国家」の論理/領主層の結集/領国・領民の支配/領国の文化)/国境境目相論―大名間の領土紛争―(幻の大領国―大内氏の盛衰/拮抗する東国大名たち/毛利氏の中国地方制覇/各地の情勢/戦乱と民衆)/終章=「天下統一」に向けて

このページのトップへ

内容説明

応仁の乱を契機に室町幕府の全国支配は崩壊し、地域社会では独自の秩序がつくられていく。同じ目的で結集した集団“一揆”は、やがて戦国大名という指導者へと結実する。群雄割拠の戦国社会から、信長・秀吉の天下統一政権の誕生へ、中央の政治動向や地方大名の興亡などを幅広い視点で描き出し、日本列島全体を巻き込んだ戦国争乱の意味を問う。

【編集者の眼】
15世紀後半の応仁の乱は、日本の歴史の大きな分水嶺(ぶんすいれい)となりました。京都は焦土と化し、天皇・貴族の権威は地に落ちました。それまで京都に屋敷を構えていた守護大名は、下克上(げこくじょう)の動きを警戒して領国に移り、そこに地域政権を樹立します。
京都の政権を掌握したのは、東軍の主将細川勝元の嫡男政元、この時代を象徴する梟雄(きょうゆう)です。彼は天皇や朝廷の権威を認めません。官位の取り次ぎも意味がないと無視し、即位式の費用も無益と応じません。朝廷の衰微はここに極まります。しかしその政元は奇人で妻帯せず、三人の養子の後継争いから暗殺され、結局京都は戦争状態に陥ります。
このようなアナーキーな状況は、生きて行くためには障害であることに、支配者も民衆も気づき始めました。民衆は一揆を結び、戦国大名は天下統一を目指して動き始めます。
上杉謙信、武田信玄、毛利元就、伊達政宗などの群雄の活躍もこの時代の魅力です。(期)

このページのトップへ

関連書籍

闘いを記憶する百姓たち

闘いを記憶する百姓たち 454

領主や幕府に訴えをなす民衆が主人公の歴史

著者:八鍬 友広
 
足利義政と東山文化

足利義政と東山文化

応仁の乱を招き、文化を育てた将軍の生涯

著者:河合 正治
 
 
享徳の乱と太田道灌

享徳の乱と太田道灌 8

文武の名将の活躍と悲劇を描く!

著者:山田 邦明
 
中世日本の勝者と敗者

中世日本の勝者と敗者 11

中世社会を読み解き、勝敗の意味を考える

著者:鍛代 敏雄
 
 
山名宗全と細川勝元

山名宗全と細川勝元

応仁の乱の主役を担った両雄を描いた名著

著者:小川 信
 
戦国時代の自力と秩序

戦国時代の自力と秩序

宗論や寺内法、武装蜂起の実態から解明する

著者:神田 千里
 
 
山城国一揆と戦国社会

山城国一揆と戦国社会 357

国一揆から読み解く戦国社会の実態

著者:川岡 勉
 
戦国期の地域社会と権力

戦国期の地域社会と権力

土豪などの中間層に注目して描く戦国期社会

著者:池 享
 
 
天下統一から鎖国へ

天下統一から鎖国へ 7

天下人登場! 信長から秀吉、そして家康へ

著者:堀 新
 
源平の内乱と公武政権

源平の内乱と公武政権 3

後白河院から執権政治へ、変革の時代を描く

著者:川合 康
 
 
室町の平和

室町の平和 5

動乱の中世に訪れた「つかの間の平和」とは

著者:山田 邦明
 
元寇と南北朝の動乱

元寇と南北朝の動乱 4

モンゴル襲来に始まる動乱の時代を描き出す

著者:小林 一岳
 
 
山名宗全

山名宗全 259

応仁の乱の西軍大将。豪毅な生涯に迫る!

著者:川岡 勉
 
院政と武士の登場

院政と武士の登場 2

院政の展開と武士の成長が織りなす世界

著者:福島 正樹
 
 
中世社会の成り立ち

中世社会の成り立ち 1

中世は「武士の世」だったのか?

著者:木村 茂光
 
天下統一と朝鮮侵略

天下統一と朝鮮侵略 13

信長・秀吉がめざした〈天下統一〉の真実

著者:池 享
 
 
戦国の地域国家

戦国の地域国家 12

群雄と民衆の躍動する社会に迫る

著者:有光 友學
 
戦国武将合戦事典

戦国武将合戦事典

乱世を生きた武将たちと合戦の全貌に迫る

 
 

このページのトップへ