安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 商いの場と社会

商いの場と社会 4

商いの場と社会

都市を基盤としながら、農村へも浸透した商人の実像と、商いの現場を描く。

著者 吉田 伸之 
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ シリーズ 近世の身分的周縁 
出版年月日 2000/08/01
ISBN 9784642065542
判型・ページ数 4-6・292ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

商いにたずさわる人々とその場。「農・工」を正統な職業とする近世社会において、「商」は本源的に異端であり、その存在は身分制をも脅かした。都市を基盤としながら、農村へも浸透した商人の実像と、商いの現場を描く。

このページのトップへ

関連書籍

近世都市の労働社会

近世都市の労働社会

身分的周縁から技能労働などの実態を分析

著者:森下 徹
 
身分を問い直す

身分を問い直す 6

士農工商の枠組を捉え直し豊かな近世像描く

 
 
芸能・文化の世界

芸能・文化の世界 2

士農工商の枠組を捉え直し豊かな近世像描く

著者:横田 冬彦
 
職人・親方・仲間

職人・親方・仲間 3

士農工商の枠組を捉え直し豊かな近世像描く

著者:塚田 孝
 
 

このページのトップへ