安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 海と川に生きる

海と川に生きる 2

海と川に生きる

海士、水主、船大工棟梁、荷宿、集荷請負人、蝦夷地場所三役…。知識と技術の限りを尽くして生きた水辺の民の姿を探る

著者 斎藤 善之
ジャンル 日本歴史
シリーズ 身分的周縁と近世社会
出版年月日 2007/03/01
ISBN 9784642065580
判型・ページ数 300ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

水辺の民への視線…斎藤善之/海士…高橋美貴/水主…斎藤善之/船大工棟梁…篠宮雄二/荷宿…永原健彦/紀州藩の天草集荷請負人…後藤雅知/蝦夷地「場所」三役―支配を請け負う商人手代―…谷本晃久/海と川に生きる―仙台藩の肴の道と流通諸集団―…斎藤善之

このページのトップへ

内容説明

時代劇の船乗りや廻船問屋は粗野で無法なイメージがつきまとう。しかし彼らにとって暴力よりもむしろ知識や技術こそが生きるための必要な力だった。潜水という特殊技能、運航技術と流通、船の建造資材と労働力の管理、船荷のすみやかな積み替え、集荷請負システム、蝦夷地の場所運営…。固有の知識や技術の問題に視点をすえて、水辺の民の姿を探る。

このページのトップへ

関連書籍

近世都市の労働社会

近世都市の労働社会

身分的周縁から技能労働などの実態を分析

著者:森下 徹
 
寺社をささえる人びと

寺社をささえる人びと 6

宗教者として“正統”な神職や僧侶の実態

著者:吉田 伸之 
 
 
身分的周縁を考える

身分的周縁を考える 9

第一線の研究者が全巻を見わたす討論

 
 

このページのトップへ