安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 寺社をささえる人びと

寺社をささえる人びと 6

寺社をささえる人びと

延暦寺、浅草寺、北野社、秩父霊場…。僧侶・神職らの多様な実態を描く

著者 吉田 伸之 
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 身分的周縁と近世社会
出版年月日 2007/05/01
ISBN 9784642065627
判型・ページ数 4-6・250ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

寺院・神社と身分的周縁…吉田伸之/和泉松尾寺の寺院社会…山下有美/神人…三枝暁子/山門の公人…吉田ゆり子/在地社会の僧侶集団…朴澤直秀/神社と神職集団―江戸における神職の諸相―…竹ノ内雅人/札所…岩本 馨/寺社をささえる人びと―浅草寺地域と寺中子院―…吉田伸之

このページのトップへ

内容説明

各地の寺院・神社をささえたのはどのような人びとであったのか。延暦寺、浅草寺、北野社など具体的な地域を取り上げ、周辺の社会集団との関わりや、多様な実態を解明。有力な寺社にスポットをあて、それを担う固有の社会や空間の構造を描き出す。江戸時代の〝正統〟な宗教者である神職や僧侶を、身分的周縁論の見地から再検討する。

このページのトップへ

関連書籍

近世都市の労働社会

近世都市の労働社会

身分的周縁から技能労働などの実態を分析

著者:森下 徹
 
身分的周縁を考える

身分的周縁を考える 9

第一線の研究者が全巻を見わたす討論

 
 
朝廷をとりまく人びと

朝廷をとりまく人びと 8

摂家の家司、朝廷の旗本…。多様な身分描く

著者:高埜 利彦
 
商いがむすぶ人びと

商いがむすぶ人びと 3

身分制を揺るがした商人の実像と社会の特質

著者:原 直史
 
 
知識と学問をになう人びと

知識と学問をになう人びと 5

多彩な知の媒介者たちに社会の特質を探る

著者:横田 冬彦
 
海と川に生きる

海と川に生きる 2

知識と技術の限りを尽し生きた水辺の民の姿

著者:斎藤 善之
 
 
武士の周縁に生きる

武士の周縁に生きる 7

大庄屋、地役人ら武士身分を取巻く人々描く

著者:森下 徹
 
大地を拓く人びと

大地を拓く人びと 1

知られざる百姓の暮らしなど具体像を解明

著者:後藤 雅知
 
 
都市の周縁に生きる

都市の周縁に生きる 4

遊女、屠殺人、旅役者…。被差別存在の実態

著者:塚田 孝
 
 

このページのトップへ