安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 武士団と村落

武士団と村落 1

武士団と村落

重要諸問題を広汎な視点から問題点を整理して懇切に説き、封建制成立の諸事情を解明。  

著者 豊田 武
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本歴史叢書  > 中世
出版年月日 1994/01/01
ISBN 9784642066037
判型・ページ数 4-6・322ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

<主な内容>武士団の結成/武士の村落支配/武士団の族的結合/むすび/補考 惣領制と幕府法/略年表/参考文献/索引

このページのトップへ

内容説明

中世武士社会を構成する族的結合と惣領制、村落生活と農業経営等々、重要諸問題を広汎な視点から問題点を整理して懇切に説き、封建制成立の諸事情を解明する。中世の武家社会を理解するための、無二の指針を与える。 

このページのトップへ

関連書籍

在庁官人と武士の生成

在庁官人と武士の生成

源平中心とは異なる視角で武士の成立を探究

著者:森 公章
 
 

このページのトップへ