安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日韓併合

日韓併合 47

日韓併合

現代の韓国・朝鮮問題の出発点「日韓併合」を、日韓両国の歴史事実の検討の中から浮び上らせる。

著者 森山 茂徳
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本歴史叢書  > 近・現代
出版年月日 1994/01/01
ISBN 9784642066044
判型・ページ数 4-6・250ページ
定価 本体2,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

現代の韓国・朝鮮問題の出発点「日韓併合」を、日韓両国の歴史事実の検討の中から浮び上らせる。原因を日本の侵略過程からだけでなく、「併合」当時の両国を取り巻く国際環境からも検討し、広い視野から事実を究明する。

このページのトップへ

関連書籍

日清・日露戦争と帝国日本

日清・日露戦争と帝国日本 3

帝国化の起点となった2つの戦争に迫る!

著者:飯塚 一幸
 
帝国支配の最前線

帝国支配の最前線 7

日本軍は植民地に何をもたらしたのか?

著者:坂本 悠一
 
 
朝鮮総督府官僚の統治構想

朝鮮総督府官僚の統治構想

朝鮮―総督府―日本の相関関係の中で究明

著者:李炯植
 
 

このページのトップへ