安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 蝦夷

蝦夷 2

蝦夷

蝦夷とは何か? 著者は多角的な視野からこの難問を解明。蝦夷の問題点を検証して総合的に位置づける。

著者 高橋 富雄
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本歴史叢書  > 古代
出版年月日 1995/01/01
ISBN 9784642066075
判型・ページ数 4-6・346ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

蝦夷の動向は常に古代日本の政局を震駭する要素であった。そもそも蝦夷とは何か? 著者は、多角的な視野からこの難問を見事に解明し、古代史上の一つの重要な鍵を解いた。蝦夷の問題点を検証して総合的に位置づける。

このページのトップへ

関連書籍

モノから見たアイヌ文化史

モノから見たアイヌ文化史

「モノ資料」が語る蝦夷地の歴史!

著者:関根 達人
 
中近世の蝦夷地と北方交易

中近世の蝦夷地と北方交易

アイヌと和人に光を当て「蝦夷地史」を提唱

著者:関根 達人
 
 
古代蝦夷

古代蝦夷

実像に迫り、北日本古代史を解明した名著

著者:工藤 雅樹
 
古代蝦夷を考える

古代蝦夷を考える

なぜエミシ・エゾでなくエビスと呼ぶのか?

著者:高橋 富雄
 
 
古代東北史の人々

古代東北史の人々

北辺の地に生き、歴史を創り出した人間群像

著者:新野 直吉
 
エミシ・エゾからアイヌへ

エミシ・エゾからアイヌへ 273

古代~現代までアイヌはどうみられてきたか

著者:児島 恭子
 
 
古代東北の兵乱

古代東北の兵乱 41

東北の兵乱戦役を史料に基づき究明

著者:新野 直吉
 
田村麻呂と阿弖流為

田村麻呂と阿弖流為

二人の英雄の征服と抵抗の歴史!

著者:新野 直吉
 
 

このページのトップへ