安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 鎌倉時代の交通

鎌倉時代の交通 18

鎌倉時代の交通

諸問題を追究し、当代の交通史を見事に体系づけられた。従来皆無に近いこの方面の研究の先駆をなす画期的労作。

著者 新城 常三
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本歴史叢書  > 中世
出版年月日 1995/01/01
ISBN 9784642066242
判型・ページ数 4-6・412ページ
定価 本体3,100円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

荘園制下の物資の移動、武士・農民の交通、幕府の交通政策、京文化及び東・西国文化の交流など、考えられる諸問題を追究し、当代の交通史を見事に体系づけられた。従来皆無に近いこの方面の研究の先駆をなす画期的労作。

このページのトップへ

関連書籍

日本古代の交通・交流・情報 2

日本古代の交通・交流・情報 2

文学作品や記録から旅と交易の実態を再現

 
東国武士団と鎌倉幕府

東国武士団と鎌倉幕府 2

東国武士のネットワークと内乱のなかの日常

著者:高橋 一樹
 
 
日本交通史

日本交通史

古代から近世の水陸交通の実相を説いた通史

著者:児玉 幸多
 
古代の交通

古代の交通 24

五畿七道制や駅馬伝馬制の沿革と実情を詳説

著者:田名網 宏
 
 

このページのトップへ