安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 近世の漁村

近世の漁村 26

近世の漁村

幕藩体制社会における漁村・漁民の全貌と漁業生産のもつ社会的役割を解明。初めて成る近世漁村史の総括書。

著者 荒居 英次
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 近世史
シリーズ 日本歴史叢書 
日本歴史叢書  > 近世
出版年月日 1996/01/01
ISBN 9784642066310
判型・ページ数 448ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

漁村制度と漁業制度・幕藩漁政と漁民課役・近畿先進漁村と関東後進漁村の動向等に検討を加え、幕藩体制社会における漁村・漁民の全貌と漁業生産のもつ社会的役割を解明。概説として初めて成る近世漁村史の総括書。

このページのトップへ

関連書籍

イルカと日本人

イルカと日本人

現地調査と資料を駆使して体系的に分析する

著者:中村 羊一郎
 
 

このページのトップへ