安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 天満宮

天満宮 19

天満宮

各地の天満宮と天神信仰の歴史的展開を、文化史・社会経済史の両面から初めて総合的に解説した。

著者 竹内 秀雄
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本歴史叢書  > 文化
出版年月日 1996/01/01
ISBN 9784642066365
判型・ページ数 4-6・418ページ
定価 本体3,100円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

菅原道真を祀る北野天満宮をはじめ、各地の天満宮と天神信仰の歴史的展開を、文化史・社会経済史の両面から初めて総合的に解説した。梅と牛の関係、菅神の性格分析、宮寺領・神人・芸能と大茶湯等、その実態を詳説する。

このページのトップへ

関連書籍

摂関政治と菅原道真

摂関政治と菅原道真 3

両者は対立していたのか。通説を問い直す!

著者:今 正秀
 
事典 神社の歴史と祭り

事典 神社の歴史と祭り

厳選した60社が映し出す人々の営みと信仰

著者:岡田 荘司
笹生 衛
 
 
北野天神縁起を読む

北野天神縁起を読む

縁起を文学作品として読み解いた初の試み

著者:竹居 明男
 
菅原道真

菅原道真

学問の神「天神様」の実伝

著者:坂本 太郎
 
 

このページのトップへ