安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 中世の儒学

中世の儒学 11

中世の儒学

日本儒学史上最も多彩な時期を招来する経緯を解明。幾多通説の誤りを指摘し、近世儒学の源流にも言及した好著。

著者 和島 芳男
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 中世史
シリーズ 日本歴史叢書 
日本歴史叢書  > 中世
出版年月日 1996/01/01
ISBN 9784642066402
判型・ページ数 322ページ
定価 本体2,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

永く漢唐の古注を墨守してきたと思われた博士家が、禅僧の提唱による宋代新注の学を積極的に摂取し、日本儒学史上最も多彩な時期を招来する経緯を解明する。幾多通説の誤りを指摘し、近世儒学の源流にも言及した好著。

このページのトップへ