安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 桃山時代の女性

桃山時代の女性 30

桃山時代の女性

大坂・聚楽・伏見の城々に、既に徳川氏江戸城のような奥向きの制度や規律の存した史実を紹介。女性たちの活躍を描く。

著者 桑田 忠親
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 女性史・ジェンダー・家族史
シリーズ 日本歴史叢書 
日本歴史叢書  > 中世
出版年月日 1996/01/01
ISBN 9784642066426
判型・ページ数 258ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

桃山時代を象徴する大坂・聚楽・伏見の城々に、既に徳川氏江戸城のような奥向きの制度や規律の存した史実を紹介し、その奥御殿に起居し、豊臣氏の統一政治に裏方の役割を果した女性たちの生涯と、その活躍状況を描く。

このページのトップへ

関連書籍

北政所と淀殿

北政所と淀殿 274

秀吉の妻二人の確執が豊臣家滅亡に導いたか

著者:小和田 哲男
 
日本女性史

日本女性史

女性だけの共同執筆による初の女性通史

 
 
淀君

淀君

浅井三姉妹の長女、秀吉愛妾、悲劇の女傑伝

著者:桑田 忠親
 
 

このページのトップへ