安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 熊野修験

熊野修験 48

熊野修験

熊野修験が最も活況を呈した中世期に焦点を当てて、その思想と儀礼、成立、展開、各地での活動等を跡づけた。

著者 宮家 準
ジャンル 宗教史
シリーズ 日本歴史叢書 
日本歴史叢書  > 文化
出版年月日 1996/01/01
ISBN 9784642066495
判型・ページ数 342ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

熊野修験は教派修験成立の母胎をなし、中世庶民宗教を主導したが、未だ体系的に論じられていない。本書は、熊野修験が最も活況を呈した中世期に焦点を当てて、その思想と儀礼、成立、展開、各地での活動等を跡づけた。

このページのトップへ

関連書籍

中世の神仏と古道

中世の神仏と古道

歩いて学ぶ歴史学。古道にさぐる中世の姿

著者:戸田 芳実
 
神と仏の古代史

神と仏の古代史

土偶・仏教伝来・役小角。古代信仰のすべて

著者:上田 正昭
 
 

このページのトップへ