安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 帝国議会改革論

帝国議会改革論 54

帝国議会改革論

「見せる政治」「見られる政治」の視点より、議院法に焦点をあて追求。改革の実態を解明し、運営上の特質を探る。

著者 村瀬 信一
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本歴史叢書 
日本歴史叢書  > 近・現代
出版年月日 1997/01/01
ISBN 9784642066532
判型・ページ数 280ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

帝国議会の議会制度改革を、従来、政治史において軽視されがちであった「見せる政治」「見られる政治」の視点より、議院法に焦点をあて追求する。また改革の実態を、昭和期の論議を中心に解明し、運営上の特質を探る。

このページのトップへ

関連書籍

「主権国家」成立の内と外

「主権国家」成立の内と外 2

“近代国家”はいかに誕生したか?

著者:大日方 純夫
 
戦時期日本の翼賛政治

戦時期日本の翼賛政治

政党と政府・議会の関係に注目し究明する

著者:官田 光史
 
 
画譜 憲政五十年史

画譜 憲政五十年史

約2000枚の写真で明治~昭和を知る

著者:田中 萬逸
 
日本政党史

日本政党史

政党とは何か。その実態と本質を問い直す

 
 
歴代内閣・首相事典

歴代内閣・首相事典

伊藤博文から鳩山由紀夫まで網羅した決定版

著者:鳥海 靖
 
選挙違反の歴史

選挙違反の歴史 235

違反の実態に映し出された近代社会の歪み

著者:季武 嘉也
 
 
明治立憲政治と貴族院

明治立憲政治と貴族院

明治期貴族院の実像を描きだす

著者:小林 和幸
 
 

このページのトップへ