安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 興福寺

興福寺 56

興福寺

藤原氏の氏寺として南都第一の大寺にまで発展し、宗教界を主導した興福寺。創建から明治維新に至る盛衰の歴史を詳述。

著者 泉谷 康夫
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本歴史叢書 
日本歴史叢書  > 文化
出版年月日 1997/01/01
ISBN 9784642066556
判型・ページ数 250ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

第1 研究史
第2 興福寺の創建と発展
第3 興福寺の変質
第4 興福寺の大和国支配
第5 興福寺の経済
第6 下剋上と興福寺
第7 近世から明治維新へ

このページのトップへ

内容説明

藤原氏の氏寺として南都第一の大寺にまで発展し、宗教界を主導した興福寺は、中世には大和一国をも支配する一大世俗的勢力としてその威をふるった。創建から明治維新に至る盛衰の歴史を、新たな研究成果を交えて詳述する。

このページのトップへ