安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 戦時議会

戦時議会 59

戦時議会

太平洋戦争のさなか、政局をめぐる代議士たちの戦いがあった

著者 古川 隆久
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本歴史叢書 
日本歴史叢書  > 近・現代
出版年月日 2001/02/01
ISBN 9784642066587
判型・ページ数 286ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

昭和戦時期の議会は、政党政治の危機のなか既成政党が多数派を維持し、政府や軍部による全体主義化を挫折させ、時には内閣を退陣へ追い込むほどの大きな政治力を発揮した。にもかかわらず、なぜ政党内閣復活に失敗したのか。無能、無力な議会という従来の評価を見直し、戦時議会の歴史と限界を読み解く。混迷する現代政治を考える上でも最適の一冊。

このページのトップへ

関連書籍

幕僚たちの真珠湾

幕僚たちの真珠湾

彼らはなぜ無謀な戦争に踏み切ったのか?

著者:波多野 澄雄
 
ポツダム宣言と軍国日本

ポツダム宣言と軍国日本 20

太平洋戦争の敗因を分析し、教訓を探る

著者:古川 隆久
 
 
日本政党史

日本政党史

政党とは何か。その実態と本質を問い直す

 
歴代内閣・首相事典

歴代内閣・首相事典

伊藤博文から鳩山由紀夫まで網羅した決定版

著者:鳥海 靖
 
 
選挙違反の歴史

選挙違反の歴史 235

違反の実態に映し出された近代社会の歪み

著者:季武 嘉也
 
 

このページのトップへ