安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 津藩

津藩 61

津藩

幕末まで続いた三〇万石の外様大藩。「藩世界」が生んだ政治文化とは?

著者 深谷 克己
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本歴史叢書 
日本歴史叢書  > 近世
出版年月日 2002/03/01
ISBN 9784642066600
判型・ページ数 322ページ
定価 本体2,900円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

藤堂高虎を藩祖とし、伊賀の上野藩と伊勢の安濃津藩を合わせて誕生、幕末まで続いた30万石の外様大藩。支配する武士社会と治められる人々の社会は、いかなる政治文化を生み出し、どのように近世を形づくったのか。従来の藩体制研究をふまえつつ、「藩世界」概念を用いて、社会に内在する歴史の汲み上げを図る。津藩を舞台とする最新の近世史入門。

このページのトップへ

関連書籍

広島藩

広島藩 71

外様大藩の社会の特徴や自立性を解き明かす

著者:土井 作治
 
佐賀藩

佐賀藩 66

なぜ維新期に西南雄藩として台頭したのか

著者:藤野 保
 
 
土佐藩

土佐藩 12

封建制から脱皮し近代化する実態を解明する

著者:平尾 道雄
 
 

このページのトップへ