安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 院政期の仏教

院政期の仏教

院政期の仏教

仏教学のみならず歴史学・宗教学・国文学などの視点から、転換期における仏教の特質を総合的に捉えようとした共同研究成果。

著者 速水 侑
ジャンル 宗教史
出版年月日 1998/01/01
ISBN 9784642067614
判型・ページ数 A5・460ページ
定価 本体7,600円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

従来の日本仏教史では、古代仏教と中世仏教の研究が別個に進められ、古代から中世への仏教の展開を多角的・総合的にとらえる試みは乏しかった。本書は、古代と中世の接点である院政期に焦点を絞り、仏教学のみならず歴史学・宗教学・国文学などの多角的な視点から、転換期における仏教の特質を総合的にとらえようとした共同研究の成果である。

このページのトップへ

関連書籍

中世王家の成立と院政

中世王家の成立と院政

院政の基盤となった「家」の形態に迫る

著者:栗山圭子
 
 

このページのトップへ