安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 研究史 平安京

研究史 平安京

研究史 平安京

平安京がどのように考えられ研究されてきたかを探る。

著者 井上 満郎
ジャンル 日本歴史
シリーズ 日本史 > 研究史シリーズ
出版年月日 1978/01/01
ISBN 9784642071222
判型・ページ数 300ページ
定価 本体1,942円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

平安京は、延暦13年に形成されて以来、今に至るまで千数百年の命脈を保っている。しかし、謎の部分も多く大路の広さが何メートルであったことすらわかっていない。本書は平安京がどのように考えられ研究されてきたかを探る。

このページのトップへ

関連書籍

平安京はいらなかった

平安京はいらなかった 438

使いにくい平安京は、何のためにある?

著者:桃崎 有一郎
 
桓武天皇と平安京

桓武天皇と平安京

〝千年の都〟の礎を築いた帝の足跡を訪ねる

著者:井上 満郎
 
 
史跡で読む日本の歴史 5

史跡で読む日本の歴史 5

日本の風土独特の文化が花開いた時代に迫る

著者:増渕 徹
 
水洗トイレは古代にもあった

水洗トイレは古代にもあった

最新発掘成果が日本の排泄の歴史を科学する

著者:黒崎 直
 
 
呪いの都 平安京

呪いの都 平安京

生々しい貴族の怨念から京の裏の姿を解明

著者:繁田 信一
 
 
平安京のニオイ

平安京のニオイ 224

悪臭か、芳香か。貴族の暮らしを再現

著者:安田 政彦
 
平安京の空間と文学

平安京の空間と文学

平安京を分析し「日本」創出過程を探る

著者:西村 さとみ
 
 
平安京

平安京 5

古代都市〈平安京〉と変わりゆく列島社会

著者:吉川 真司
 
 

このページのトップへ