安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 研究史 飛鳥藤原京

研究史 飛鳥藤原京

研究史 飛鳥藤原京

飛鳥藤原京は、どのような宮都だったのか。古代から近現代の宮都研究の軌跡をたどり、克明に論点を整理したカ編。

著者 八木 充
ジャンル 日本歴史
シリーズ 日本史 > 研究史シリーズ
出版年月日 1996/01/01
ISBN 9784642071284
判型・ページ数 306ページ
定価 本体2,900円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

古代史の主舞台・飛鳥藤原京は、どのような宮都だったのであろうか。近年考古学の発掘調査による知見は従来の宮都像を一新しつつある。本書は、古代から近現代の宮都研究の軌跡をたどり、克明に論点を整理したカ編。

このページのトップへ

関連書籍

古代飛鳥の都市構造

古代飛鳥の都市構造

最新の発掘成果から王都の成立過程を追究

著者:相原 嘉之
 
蘇我氏と飛鳥

蘇我氏と飛鳥

従来の蘇我氏像を書きかえ王権の聖地に迫る

著者:遠山 美都男
 
 
ここまでわかった飛鳥・藤原京

ここまでわかった飛鳥・藤原京

いにしえの都の実像に迫る古代史研究最前線

 
飛鳥史跡事典

飛鳥史跡事典

約170項目を事件や人物とともに解説

著者:木下 正史
 
 
日本の古代宮都と文物

日本の古代宮都と文物

歴代遷宮した宮都の特質と歴史的背景を究明

著者:小笠原 好彦
 
古代をあゆむ

古代をあゆむ

9つのテーマで語る古代史の愉しみ

著者:笹山 晴生
 
 
日本古代都城制と城柵の研究

日本古代都城制と城柵の研究

宮都の構造と城柵の実態に考古学から迫る

著者:阿部 義平
 
古代都城の造営と都市計画

古代都城の造営と都市計画

平城京の基幹水路網を復元し宅地班給を分析

著者:近江 俊秀
 
 
飛鳥と古代国家

飛鳥と古代国家 2

激動する国際情勢の中で形成された古代日本

著者:篠川 賢
 
飛鳥

飛鳥

蘇我氏、飛鳥寺…多彩なテーマを描いた名著

著者:門脇 禎二
 
 
都はなぜ移るのか

都はなぜ移るのか 333

動く都から動かない都へ…。その転換に迫る

著者:仁藤 敦史
 
飛鳥時代 倭から日本へ

飛鳥時代 倭から日本へ

大王から天皇へ。「日本」誕生の原点を描く

著者:田村 圓澄
 
 
水洗トイレは古代にもあった

水洗トイレは古代にもあった

最新発掘成果が日本の排泄の歴史を科学する

著者:黒崎 直
 
飛鳥・藤原の都を掘る

飛鳥・藤原の都を掘る

テクノポリス「飛鳥・藤原の都」が今甦る

著者:木下 正史
 
 
大和古代遺跡案内

大和古代遺跡案内

発掘現場の息遣いが聞こえる。

著者:泉森 皎
 
日本古代都城制の研究

日本古代都城制の研究

初期都城造営の通説を検討し歴史的意義探る

著者:井上 和人
 
 

このページのトップへ