安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > カミとホトケのあいだ

カミとホトケのあいだ 6

カミとホトケのあいだ

恵比寿さま、福の神、山の神、田の神、道祖神。日本人にとって、神と仏とはどのような存在なのか。その信仰を探る。

著者 宮田 登
ジャンル 民俗学
民俗学 > 個人著作集
シリーズ 民俗学 > 宮田登 日本を語る
出版年月日 2006/07/01
ISBN 9784642071383
判型・ページ数 214ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

Ⅰ=神と仏(神と仏のあいだ─日本人と宗教─〈日本の宗教は神仏習合/ミステリアスな宗教観/神と仏のあいだ〉/日本人にとって神とは何か─多神教の系譜を辿る─〈日本文化の特異性/日本の神々/増える神々〉以下細目略/民俗神道のカミ・タマについて/日本文化の本質─民俗学的立場から─/立ち現れる神/カミ信仰の原点/神と仏)/Ⅱ=神々の諸相(七福神考/福神信仰の系譜/日本の民間信仰/恵比須・大黒・福の神/山の神/日本人とカミ/闇が抱くもの─寝間と押入れ考─)/Ⅲ=神と民間信仰(現世利益と民間信仰─庶民にとってのカミ・ホ

このページのトップへ

内容説明

八百万(やおよろず)の神を持つとされる日本人にとって、神と仏とはどのような存在なのか。神社神道の枠に入らない生活の中の民俗神道と、浄土を身近なところに描く祖(そ)霊(れい)崇拝(すうはい)の様相を明らかにする。日本的に変化した七福神や庚申(こうしん)信仰、さらに庶民が育てた山の神・田の神・道祖神(どうそじん)・家の神・ネの神などの信仰を探り、日本人のカミ信仰の原点に迫る。(解説=小池淳一)

このページのトップへ

関連書籍

子ども・老人と性

子ども・老人と性 12

七五三、姥棄等、子供・老人・性の霊性とは

著者:宮田 登
 
暮らしと年中行事

暮らしと年中行事 5

日本の季節感や行事の意味とは

著者:宮田 登
 
 

このページのトップへ